風のめも

kaze88.exblog.jp

奈良・戒那山麓に

タグ:永島慎二 ( 2 ) タグの人気記事

使いやすいのかなと 放置の
ここYahooBlog書いてみたけど・・・
なんか見づらいな!(広告部分が散らばってるせいだな

http://blogs.yahoo.co.jp/okawasemc/25591248.html
この永島慎二の タイトルがフランス語で書かれた「人形劇」との二作品!
どこかほかの永島作品と違うというか違和感があるんだよな!
永島漫画は フーテン以降は画風も安定してきて一定はしてるんだが
それでも 作品によって画風は変わってる!(使ってる道具によるのが多いみたいだが)

だが この二作品(かたみの言葉、人形劇)は、s42年の作品みたいだが
ちょうど 柔道一直線あたりの連載始めたころか? 始める少し前あたりだろう!

絵そのものは その頃の永島作品としての違和感はないし、「源太とおっかぁ」あたりも  ほぼこんな感じの絵ではある。
話の展開も永島作品らしいものなんだが・・・・かといって独特なコマがあるというほどでもない!
「人形劇」はさほどでもないのだが 「かたみの言葉」の違和感は強い!
そんな訳でこの違和感がなにから来るのか?ずっと気になってる!
初めてこの作品を 単行本「青春裁判」で見た時にも感じた記憶がいま甦ってる。

「かたみの言葉」は ディズニアニメみたいな匂いがするんだよな!
的を射てるとも思えない表現なんだがww

どう表現していいのか? なにがこの違和感の元なのか? わからんから悶えてるw
[PR]
by kazepapa | 2015-07-01 04:51 | Trackback | Comments(0)
どうしても 心から離れないもので検索してみた
<第3部 青雲・阿佐ケ谷 永島慎二>
てなページをみつけた。
   (この記事も ネットだと なくなっちゃうのだろうな;;)

More
[PR]
by kazepapa | 2005-07-10 07:46 | Trackback | Comments(2)
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する ブログトップ