「ほっ」と。キャンペーン

風のめも

kaze88.exblog.jp

奈良・戒那山麓に

Grub2 で起動時に選択リストを表示させる

Ubuntu 9.10 から標準に採用された Grub2 の設定を行い、リカバリモードでの起動を選択できるようにする。

OS が1つしかインストールされていないと Grub2 はメニューを表示せずにその唯一の OS を起動する。
そこで、設定ファイル /etc/default/grub を編集し Grub2 のメニューが表示されるように変更する。

/etc/default/grub を以下のように編集し、update-grub コマンドを実行して /boot/grub/grub.cfg を更新する。

$ sudo vi /etc/default/grub
...
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=false
...
$ sudo update-grub

再起動すると、Grub2 の選択メニューでリカバリモードの選択ができるようになる。

参考:Ubuntu日本語フォーラム / [TotW: 10/12/2009]Grub 2 入門
   Grub 2 Basics – Ubuntu Forums



More
[PR]
# by kazepapa | 2016-11-23 01:04 | ネット&ツール | Trackback | Comments(0)
[Vivaldi(ウェブブラウザ)の「vivaldi://」コマンド全一覧を画像付きで紹介!]


Vivaldiとは、オペラ・ソフトウェアの創設者の一人でありCEOであったヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏によって設立されたVivaldi Technologies社が開発したウェブブラウザです。各「vivaldi://」コマンドはアドレスバーにコマンドを入力して[Enter]キーを押すと表示されます。

■vivaldi://about(バージョン情報)


■vivaldi://plugins(インストールされているプラグイン一覧)

■vivaldi://histograms(ヒストグラム)

■vivaldi://dns(DNSの記録)

■vivaldi://credits(クレジット)

■vivaldi://terms(利用規約)

■vivaldi://memory-redirect(メモリの使用状況を表示)

■vivaldi://view-http-cache(キャッシュファイルの一覧)

■vivaldi://appcache-internals(Application Cacheの情報)

■vivaldi://gpu(GPUの情報)

■vivaldi://net-internals(ネットワーク通信の詳細情報)

■vivaldi://crash(クラッシュ)

■vivaldi://crashes(クラッシュレポート)

■vivaldi://system(システム診断データ)

■vivaldi://conflicts(読み込まれたモジュール一覧)

■vivaldi://devices(デバイス)

■vivaldi://flash(フラッシュ情報)

■vivaldi://gcm-internals(Google Cloud Messaging for Android)

■vivaldi://indexeddb-internals(IndexedDB)

■vivaldi://inspect(インスペクト)

■vivaldi://invalidations(Invalidations Debug Information)

■vivaldi://media-internals(メディア)

■vivaldi://newtab(新しいタブ)

■vivaldi://omnibox(Omnibox)



More
[PR]
# by kazepapa | 2016-05-06 11:40 | ネット&ツール | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by kazepapa | 2016-04-26 15:43 | ネット&ツール
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by kazepapa | 2016-04-26 14:18 | ネット&ツール
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by kazepapa | 2016-04-24 00:06 | ネット&ツール
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]
# by kazepapa | 2016-04-22 13:38 | ネット&ツール
しばらく待つと黒い画面になり回復コンソールの画面になります。「どのWindows インストールにログオンしますか?」と聞いてくるので、通常は 1 を入力してEnterキーを押します。


回復コンソール

administratorのパスワードを入力してくださいと聞いてきます。ここは通常は何も入力せずEnterキーを押します。パソコンに設定しているユーザーアカウントとは異なります。 もしadministratorにパスワードを設定している場合は、そのパスワードを入力してEnterキーを押します。

administratorのパスワード

ここから回復コンソールの作業が開始できます。通常は C:¥WINDOWS> となっていますが、起動しないパソコンの場合は C:¥> と表示されていることもあります。


回復コンソールの作業を終える場合は EXIT と入力してEnterキーを押します。


CHKDSK チェックディスク

回復コンソールで最も多く使用するコマンドはCHKDSK チェックディスクです。ドライブを検査し、そのドライブの修復または回復を行います。また不良セクタをマークし、読み取り可能な情報を回復します。

chkdsk・・・ディスクの検査のみ
chkdsk /p・・・ドライブの完全チェックを行い、エラーをすべて修正
chkdsk /r・・・不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復
通常は chkdsk /r を実行します(/r スイッチを指定すると、自動的に /p スイッチも指定していることになります)。実行するとチェックディスクが始まります。時間がかかりますのでしばらく待ちます。とまっているように見えてもチェックディスクは行われています。
b0014144_16004076.jpg


チェックディスクが終わったら結果が表示され C:¥WINDOWS> の入力画面に戻ります

b0014144_16043502.jpg

EXITと入力すると回復コンソールが終わり、パソコンが再起動します。

b0014144_16060824.jpg
FIXMBR

FIXBOOTは、ブートセクタの修復を試すことができます。

FIXBOOTと入力します。確認してくるので yキー。
b0014144_16062103.jpg


早ければ数秒で終わります。

b0014144_16062692.jpg

FIXMBR


FIXMBRは、マスターブートレコード(MBR)の修復を試すことができます。

FIXMBRと入力します。確認・警告してくるので yキー。

b0014144_16063132.jpg

こちらも早ければ数秒で終わります。

b0014144_16063563.jpg

[PR]
# by kazepapa | 2016-04-19 16:10 | ネット&ツール | Trackback | Comments(0)

b0014144_1805029.png


スクロール
[PR]
# by kazepapa | 2016-04-16 18:02 | 画像 | Trackback | Comments(0)
このサイト、URLをエキサイトマイリンクに登録する ブログトップ